株式会社つるとはな | Tsuru & Hana Co.

須賀敦子の手紙 1975―1997年 友人への55通

表紙

内容ご紹介

(画像は、クリックすると大きくなります)

雑誌「つるとはな」で大きな話題となった未公開書簡の完全収録版。

須賀敦子は1967年に夫ペッピーノを失い、70年に父を、72年に母を失った。
帰国してまもない須賀は、深まる孤独のなかで生涯の友人と出会う。
その友情はやがて、四半世紀にわたりつづくものとなっていった。
こころを許した友人への手紙には、須賀の迷いや悩みが率直につづられている。
ときにはさりげなく、恋の終わりが打ち明けられることもあった。
55通の手紙を、青インクの筆跡もリアルな高精度カラー写真で掲載。

須賀敦子の全集未収録のエッセイ「おすまさんのこと」。
北村良子(須賀敦子・妹)へのインタビュー「姉の手紙」。
スマ&ジョエル・コーン夫妻へのインタビュー「須賀敦子とのこと」。
松山巖のエッセイ「コーン夫妻への手紙を読んで」も収録。

未公開のままだった40通も、本書に初めて掲載しています。

写真…久家靖秀
アートディレクション…有山達也

書籍情報

タイトル須賀敦子の手紙 1975―1997年 友人への55通
定価2,850円 + 税
発売日2016/5/28
ISBN978-4-908155-03-1
著者須賀敦子
発行者佐藤真
発行所株式会社つるとはな
印刷・製本株式会社シナノ